令和元年度 留学生交流支援制度について(協定受入)

令和元年度海外留学支援制度(協定受入)

「熱帯性環境生物資源開発国際ネットワーク形成のための人材育成プログラム」について

【 English Version 】

●プログラムの概要

タイ,ベトナム,インドネシア及び台湾の大学等から留学生を受入れ,本学学生と共同して熱帯性環境生物資源を中心とした実践研究を実施する。また,学生間の交流を深めるとともに,英語によるプレゼンテーション能力並びに専門英語や英会話を含む英語能力の向上と異文化体験の機会を提供し,グローバル社会において活躍できる人材を育成する
研究分野・担当教員一覧(英語版)pdf.png

●プログラム期間、人数、奨学金及び受入先大学(受入先大学・人数一覧pdf.png

32日間以上90日未満-20名(31日周期で8万円の奨学金を支給、その他として家賃補助1万円、

8日間以上32日未満-若干名(8万円の奨学金を支給予定、その他として家賃補助1万円、

 

※受け入れが決定した場合、「YUSSプログラム受講生」として受け入れを予定しております。

 【図書館及び情報コンセントの利用可能】

 

●資格及び要件

1. 提出期限までに必ず書類を提出すること。

2. 前年度の成績評価係数が2.30以上であること。

  成績評価係数で表すことができない場合は、特に成績が優秀であり、成績評価係数2.30相当であるとする理由書(様式任意)を提出して下さい。

  ※成績証明書・理由書を提出されましたら、確認し可否を連絡します。

3. プログラム参加にあたり、在留資格を取得し得る者。ただし、3カ月未満のプログラムに参加する者については、在留資格の種類は問わない。

※在留資格の取得に係る費用は自己負担

4. プログラム終了後、在籍大学等に戻り学業を継続する者又は在籍大学等の学位を取得する者若しくは卒業する者。

5. 他団体等からのプログラム参加のための奨学金(継続的な支給)の支給月額の合計額が8万円

 を超えない者。

6. 日本学生支援機構が実施する「留学生受入れ促進プログラム文部科学省外国人留学生学習奨励費」との

  併給は認められません。また「国費外国人留学生制度」との併給も認められません。

7. 協定という形態でなくとも学生交流に関する合意書(研究室間の覚書、確認書等でも構わな

  い)に基づき受入れ大学等が受入れを許可する者。

 

●応募(受け入れ申請)方法

 各大学と受け入れ学生の調整を行い以下の期日までに、下記書類を農学部学務係まで提出下さい。

 

  【資格要件確認書類(提出期限:渡日3ヶ月前の25日

             提出場所:学生→受け入れ予定教員→農学部学務係

1. 申請書word.png (英語)※プログラム期間に渡日離日日は含まない。

 

2. 成績証明書(PDF形式等)

  ※成績評価係数で表すことができない場合は、特に成績が優秀であり、成績評価係数2.30相

   当であるとする理由書(様式任意)を提出して下さい。

 

  提出された上記書類で、資格要件を確認し受け入れ予定教員へ連絡いたします。

  

     ↓

  受け入れ決定

 成績証明書が基準(成績評価係数 2.3)に満たない場合は候補者の再調整し、再度上記書類を提出して下さい。

再調整(受入留学生決定)期限:渡日前々月の10日 提出場所農学部学務係

 

【決定後学生提出書類】 提出期限:決定後、速やかに提出下さい。※

※在留資格取得のために必要となります。

            提出場所:学生→受け入れ予定教員→農学部学務係 

 

1.在学証明書(PDF形式等)

2.履歴書(CV)excel.png(英語)

3.所属学部長からの推薦状

4.パスポートの写し(写真が掲載されているページ)

5.航空券の写し

【その他 諸注意】

 

1.ビザの取得について

・受け入れ学生は「短期滞在ビザ」を取得する必要があります。
山口大学から発行された「合格通知書」、「招待状」、「旅程」、「保証書」、その他必要な書類(パスポート、預金残高証明書など)を用意して日本大使館または 領事館に行ってください。

・ビザの発行には長い時間がかかるかもしれませんので、できるだけ早く申請してください。

・ビザの詳細については、申請者が自分で日本大使館または領事館に問い合わせる必要があります。

 

2.旅行保険と医療について

  ・日本に来る前に、受け入れ学生は事故やけがに対する旅行保険に加入する必要があります。旅行保険に加入しないと、プログラムに参加することはできません。受け入れ学生が、日本に滞在している間、山口大学はいかなる病気や傷害に対しても一切の責任を負いません。また、日本に来る前に、虫歯などの健康問題の治療を受けておいてください。日本で医師の診断を受ける場合、多額の医療費を払わなければなりません。

・受け入れ学生を派遣する大学は、学生が、本プログラムに適した旅行保険(キャンセル、病気や怪我、所有物に適用される保険)に加入していることを確認します。

 

3.その他

  ・日本への渡航について

受け入れ学生はチケットを購入したら、直ちに、山口大学に連絡しなければなりません。受け入れ学生は原則として自力で新山口駅に来る必要があります。 福岡国際空港(山口大学最寄りの国際空港)に到着する航空機を利用する場合は、搭乗する航空機の到着日時を連絡してください。

・宿泊施設と新山口駅から大学までの移動は、山口大学で手配します。

・日本(山口)の電圧は100V、60Hzで、プラグの形状はタイプAです。必要な場合は変換プラグを持ってきてください。

 

詳しくは「◎受け入れ学生提出書類についてをご覧ください。

 

休講情報

時間割表

集中講義日程

証明書窓口一覧

学位申請