学科紹介

今日では食品、医薬品、および化成品の製造において様々なバイオテクノロジーが活用されています。実は酒、酢、チーズ、パン作りなどは、古代から利用されてきたバイオテクノロジーであり、人類はこの技術を暮らしに役立ててきました。現在では、伝統的に行われてきたバイオの仕組みが科学的に明らかにされ、遺伝子工学、タンパク質工学、細胞工学などの新しい技術が開発されています。これらの技術のおかげで、今までになかった有用な機能性食品や医薬品が開発され、我々の生活をよりいっそう豊かにしてくれました。

しかしその豊かさの裏で、生態系に対する遺伝子組換生物の影響など新たな社会的課題も生まれています。他方、地球の人口はついに70億人を超えましたが、人間活動のひろがりに伴い、資源の浪費や環境破壊が深刻になっています。その結果、温暖化、森林破壊、公害、さらには貧富の拡大が顕在化しており、これら諸問題の被害者が増加していることは見逃すことができない事実です。これからのバイオテクノロジーは、前述の食料・医薬に加えて、環境浄化や再生エネルギー利用への貢献も期待されています。


生物機能科学料では、将来の食料・健康・環境分野が抱える問題の解決を主要なテーマとして、分子生物学・細胞工学・応用微生物学などの先端バイオテクノロジーの知識や技術を修得し、それらを基にして社会に貢献できる人材を育成することを目指しています。その為に私達は、最新のバイオテクノロジーを駆使した先端研究を行い、最新の研究成果を積極的に授業に取り入れることで、教育の充実化を行っています。

また、バイオテクノロジーの原理を理解するためには化学の知識が不可欠ですが、化学に対する苦手意識からバイオ分野への進学を諦めるケースが増えています。そこで本学科では、生化学と有機化学に関する教育も十分に行い、バイオテクノロジーを通じて社会の発展に寄与できる人材を育成します。


生物機能科学科は17名の教員によって構成されています。

担当教員一覧はこちらのページをご覧ください。

教育研究分野はこちらのページをご覧ください。

本学科が募集する学生像

農学部生物機能科学科アドミッションポリシーをご覧ください。

各学年時における教育方針

1年次には、「共通教育科目」及び「専門基礎科目」を履修し、世界の多様な文化・歴史に対する理解力及び高い倫理観などの一般基礎能力を養うとともに、現代農学及び応用生命科学の基礎となる生物学・化学・物理学及び情報科学の基礎知識を修得します。また、生物機能科学の概念と学習・教育プログラムを把握し、自ら修学プランを立案する能力を養います。さらに、自分の考えを相手に伝えるためのコミュニケーション能力を養うとともに、国際的な舞台で活躍するために必要な語学力を磨きます。

2~3年次には、まず専門教育の基盤となる「基礎理論系科目」を履修し、生化学ならびに有機化学の基本的な知識を学んで農学基礎能力を高めます。また、「発展理論系科目」を履修し、応用生命科学ならびに環境科学の知識を修得することで農学専門能力を養います。さらに「実験・実習系科目」では、当該分野の研究者・技術者として求められるバイオテクノロジーなどの専門的技法や考察力を身につけ、将来の進路を展望し、社会のニーズを理解したうえで自ら進むべき進路を決定する能力を養います。

4年次には、研究室に所属し、「特別演習」及び「卒業論文」を履修します。研究発表や討論の場を数多く経験し、論理的思考のプロセス及び結果を説明するためのプレゼンテーション能力を養います。そして、生命科学の研究を行う際に必要な倫理観をはぐくみ、農学、生物科学、環境科学の分野が抱える諸問題について自ら解決法を模索し、当該分野の技術の発展に貢献できる人材となれるよう学修します。

なお、1年次~4年次を通して継続的に英語コミュニケーション能力を養います。共通教育に引き続いて2年次~4年次に専門英語を履修することで、国際的に活躍できる研究者・技術者となれるよう教育を行います。

学科で開講している各学年の授業と担当教員は、こちらのページから確認できます。

本学科の卒業時に習得が可能な資格

本学科の卒業生は所定の単位を履修すると、「食品衛生管理者」「食品衛生監視員」「毒物劇物取扱責任者」の有資格者となります。

詳細はお問い合わせください。

本学科の卒業生の就職・進学先

学部の卒業生就職・進路状況をご覧ください。

本学科で実施されている研究内容

本学科では、微生物、植物、動物といった生物全般を対象とした研究を行っています。特に、生物の代謝メカニズムや有用遺伝子及び酵素や生理活性物質の探索を進めており、その成果の応用として有用生物の開発にも取り組んでいます。詳細はこちらのページをご覧ください。