学科紹介

学科紹介

生物資源環境科学科では,これからも人類が持続的に楽しく豊かに生活できる環境を作り出すために,植物や動物を利用した生産経済活動に関する学術分野を中心に,それらを取り巻く環境に関する学術分野も学び,農業と環境,経済活動,地域社会の相互関係が理解できる教育カリキュラムを提供しています。

1年次には,「共通教育科目」および「専門基礎科目」を履修し,一般基礎能力を身につけるとともに農学を対象とする実社会を俯瞰できる広い視野を養います。また,コミュニケーション能力も養うことを目的とした「基礎セミナー」や,農学の入り口となる「生物資源環境科学総論」を履修します。

2〜3年次には,専門教育の基盤となる「基礎理論系科目」を履修し,自然科学や社会科学を基礎とする農学基礎能力を身につけます。「発展理論系科目」では,統計学や情報処理能力(コンピュータを用いた解析)を身につけます。これらとともに,学部授業では,専門分野の知識を習得します。本学科は,実験や実習系科目が多いのも特徴で,それらを通じて研究能力の素地を磨くとともに,農業分野にある課題に目を向けられるようになります。

4年次には,大学院創成科学研究科農学系学域の教員のもとで「特別演習」と「卒業論文」を履修します。これにより,実社会にみられる農学に係る問題を深く考え,これに対して調査・分析し,得た結果を論理的に考察することができるようにします。また,他者と議論を重ねながら自ら解決方法を発想して成果をあげることも重要視しています。

カリキュラム全体としては,専門性が高い授業が受けられることはもちろん,学生の主体的学びを推進するために積極的にアクティブ・ラーニングを導入しています。特別講義においては,学外の専門家による講義と現場の見学を取り入れ,実社会での課題を認識できるようにしています。

本学科の担当教員は,大学院創成科学研究科農学系学域に所属しています。卒業論文研究で取り組む課題は,所属する教員の研究対象や研究手法がきわめて多様であることを反映して,幅広い学術分野にまたがっています。それらの研究には,遺伝子レベルの研究もあれば地球レベルの研究もあります。国内外との共同研究が盛んなことも本学科の特徴です。また,地域と密接に関連した研究も多く,高い評価を得ています。

»研究紹介はこちら