創成科学研究科(農学系)1年の兼光直樹さんが学会賞を受賞しました

山本晴彦教授研究室の博士前期課程1年の兼光直樹さんが、2020年度日本農業気象学会中国四国支部大会で優秀発表賞を受賞しました。 兼光さんは、2020年12月4日にオンラインにて開催された2020年度日本農業気象学会中国四国支部大会において、「2012年7月九州北部豪雨で被災した熊本市陣内地区における白川改修後のアンケート調査」(兼光直樹,山本晴彦,渡邉祐香(山口大学大学院創成科学研究科))と題した研究を発表し、審査の結果、優秀発表賞に選ばれました(写真)。この研究は、2012年九州北部豪雨による被災後に、河道改修のために地区内の一部世帯が移転した熊本市陣内地区の事例について、改修工事完了後にアンケート調査を行い、残留・移転世帯の回答をそれぞれ分析することで防災上の課題を検討したものです。

kanemitsu.jpg