生物機能科学科

personal.jpg

木股 洋子

准教授
生物機能科学科
山口大学農学部

e-mail:kimata の後に @yamaguchi-u.ac.jp
Tel: 083-933-5863
Fax: 083-933-5863

Researchmapはこちら 

個人ページへ


担当授業科目

  • 生物物理化学
  • 生物物理化学実験
  • 専門英語 II(分担)
  • 生物機能科学総論II(分担)
  • 生物機能科学基礎実験(分担)
  • 化学 I(共通教育)
  • 応用生命科学特論(大学院、分担)
  • 農学系特論(大学院、分担)

 

※授業内容はシラバスを検索してください


現在進行中の研究テーマ

  • 植物の光合成において、光エネルギーで駆動される様々な生合成代謝間のバランスを臨機応変に調節するしくみを、タンパク質間の相互作用や電子伝達の観点から原子レベルで解明すること、及びその応用研究

HP.jpg


主要な研究業績

Researchmapはこちら 

  1. Pratiwi Pudjiastuti, Ni Nyoman T. Puspaningsih, Imam Siswanto, Much. Z. Fanani, Kimata-Ariga Y, Toshiharu Hase, Satyajit D. Sarker and Lutfun Nahar, (2018) Inhibitory Activity and Docking Analysis of Antimalarial Agents from Stemona sp. Toward Ferredoxin-NADP+ Reductase from Malaria Parasites. Journal of Parasitology Research, Volume 2018, Article ID 3469132, 6 pages https://doi.org/10.1155/2018/3469132
  2. Kimata-Ariga Y*, Yuasa, S., Saitoh, T., Fukuyama, H. and Hase, H. (2018) Plasmodium-specific basic amino acid residues important for the interaction with ferredoxin on the surface of ferredoxin-NADP+ reductase. The Journal of Biochemistry, 164(3):231-237
  3. Shinohara F, Kurisu G, Hase T, Kimata-Ariga Y* (2017) Structural basis for the isotope-specific interactions of ferredoxin and ferredoxin: NADP+ oxidoreductase: an evolutionary switch between photosynthetic and heterotrophic assimilation. Photosynthesis Research 134: 281-289.
  4. Kinoshita M, Kim JY, Kume S, Sakakibara Y, Sugiki T, Kojima C, Kurisu G, Ikegami T, Hase T, Kimata-Ariga Y*, Lee YH*(2015). Physicochemical nature of interfaces controlling ferredoxin NADP+ reductase activity through its interprotein interactions with ferredoxin. Biochimica et Biophysica Acta - Bioenergetics, 1847: 1200-1211.
  5. Suwito H*, Jumina, Mustofa, Pudjiastuti P, Fanani MZ, Kimata-Ariga Y, Katahira R, Kawakami T, Fujiwara T, Hase T, Sirat HM, Puspaningsih NN (2014). Design and Synthesis of Chalcone Derivatives as Inhibitor of Ferredoxin -Ferredoxin-NADP+ Reductase Interaction of Plasmodium falciparum: Pursuing New Antimalarial Agent. Molecules,19: 21473-21488.
  6. Kimata-Ariga Y*, Hase T (2014) Multiple complexes of nitrogen assimilatory enzymes in spinach chloroplasts: possible mechanisms for the regulation of enzyme function. PLOS ONE, 9(10): e108965.
  7. Kimata-Ariga Y*, Kubota H, Lee Y-H, Muraki N, Ikegami T, Kurisu G, Hase T (2013) Concentration-dependent oligomerization of cross-linked complexes between ferredoxin and ferredoxin-NADP+ reductase. Biochem. Biophys. Res. Comm. 434: 867-872.
  8. Kimata-Ariga Y*, Sakakibara Y, Ikegami T, Hase T (2010) Electron Transfer of Site-specifically Cross-linked Complexes between Ferredoxin and Ferredoxin-NADP+ Reductase. Biochemistry 49: 10013-10023.

コンタクトインフォメーション

居室:農学部本館4階420号室

オフィスアワー:随時


研究内容の紹介

[研究紹介PDFはこちら]

[研究紹介Youtube動画はこちら(09分41秒から始まります)]

 学生時代に自然界のエネルギー循環に興味を持ち、特に植物が光エネルギーを利用して生体物質を合成しつつ、調和のとれた生命活動を支えているしくみの解明を目的とした研究に携わっています。
 ここ数年は、光合成の装置で産み出されたエネルギーが様々な生合成代謝に分配されるしくみについて、具体的にはそれを担う小さなモバイル電子伝達タンパク質と、それから電子を受け取る様々な酵素タンパク質との間の電子伝達のしくみを、生化学および物理化学的な手法を用いて明らかにしようとしています。
 また、近年、マラリア熱を引き起こす寄生虫が、植物の葉緑体と起源を同じくする生育に必須な色素体(アピコプラスト)を持つことが見つかり、このアピコプラストにエネルギーを供給するシステムは、植物のタンパク質と相同でありながらユニークな特性を持つことがわかってきました。色素体の進化過程において、タンパク質装置の機能がそうした特殊な環境に住む生物の必要に応じてどのように特化しているのかをインドネシアの大学と共同で調べています。
 様々な分野や他文化圏の研究者と、価値観の違いなどを許容しつつ協力しあうことは、研究の別の面の楽しみでもあります。敢えて研究分野の収束にはこだわらず、やってくる学生さんの興味や意向、アイデアを取り入れながら研究をすすめています。
 楽しんでやれることは自然と力になっていきますので、学生時代にいろいろ見聞して面白いと思うことを是非見つけてください。