生物機能科学科

personal.gif

真野 純一

教授
総合科学実験センター
山口大学

e-mail:mano の後に @yamaguchi-u.ac.jp
Tel: 083-933-5945
Fax: 083-933-5944

個人ページへ


担当授業科目

  • 代謝生化学
  • 植物生化学(分担)
  • 植物分子生理学実験
  • 生物機能科学総論II(分担)
  • 生物学概論
  • 生物学実験(共通教育、分担)
  •        
  • 植物生態科学特論(大学院、分担)
  • 農学系特論(大学院、分担)

 

※授業内容はシラバスを検索してください


現在進行中の研究テーマ

  • 環境ストレス(乾燥,紫外線,オゾン,強光など)に対する植物の耐性機構の究明
  • 活性酸素および脂質酸化物の生理的作用の解明
  • 脂質酸化物を解毒する新たな食品成分の探索

主要な研究業績

  1. Mano, J., Kanameda, S., Kuramitsu, R., Matsuura, N. and Yamauchi, Y. (2019) Detoxification of reactive carbonyl species by glutathione transferase Tau isozymes. Front. Plant Sci. 印刷中.
  2. Islam, Md. M., Ye, W., Matsushima, D., Rhaman, M. S., Munemasa, S., Okuma, E., Nakamura, Y., Biswas, Md. S., Mano, J. and Murata, Y. (2019) Reactive carbonyl species function as signal mediators downstream of H2O2 production and regulate [Ca2+]cyt elevation in ABA signal pathway in Arabidopsis guard cells. Plant Cell Physiol. 印刷中.
  3. Mano, J. and Biswas, Md. S. (2018) Analysis of reactive carbonyl species generated under oxidative stress. In Plant Programmed Cell Death: Methods and Protocols (De Gara, L. and Locato, V., eds.), pp. 117-124, Springer.
  4. Mano, J., Ishibashi, A., Muneuchi, H., Morita, C., Sakai, H., Biswas, Md. S., Koeduka, T. and Kitajima, S. (2017) Acrolein-detoxifying isozymes of glutathione transferase in plants. Planta 245: 255-264.
  5. Biswas, Md. S. and Mano, J. (2016) Reactive carbonyl species activate caspase-3-like protease to initiate programmed cell death in plants. Plant Cell Physiol. 57: 1432-1442.
  6. Biswas, Md. S. and Mano, J. (2015) Lipid peroxide-derived short-chain carbonyls mediate hydrogen peroxide-induced and salt-induced programmed cell death in plants. Plant Physiol. 168: 885-898.

コンタクトインフォメーション

居室:総合科学実験センター アイソトープ分析施設
(総合研究棟の北にある茶色の2階建てです)

オフィスアワー:午後1時から5時(月~金)


研究内容の紹介

植物は太陽光エネルギーと二酸化炭素と水から光合成によって有機物をつくり出し,地球の生態系に豊かさを与えています。私たち人間も食糧,衣類,住居など生活のあらゆる場面で光合成の恩恵を受けています。植物はどうやって光合成を行っているのでしょうか?光合成の基本的なしくみはほぼ解明されていますが,最近の研究から,そのはたらきは様々なストレスによって損なわれやすいことがわかってきました。野外の環境では植物は温度変化や乾燥,紫外線などのストレスを受けており,こうした環境ストレスは作物生産を低下させる要因になっています。環境ストレスによって細胞の中で何が起き,植物はそのストレスにどう対抗しているのか,光合成を守るストレス耐性機能を高めて作物生産を向上させられないか,こういう疑問,課題に取り組む研究を行っています。
研究紹介PDFはこちら

研究室紹介Youtube動画はこちら(00分00秒から始まります)