生物機能科学科

personal.jpg

松井 健二

教授
生物機能科学科
山口大学農学部(大学院医学系研究科)

e-mail:matsui の後に @yamaguchi-u.ac.jp
Tel: +81-(0)83-933-5850
Fax: +81-(0)83-933-5820

個人ページへ


担当授業科目

  • 天然物有機化学
  • 植物生化学
  • 動的天然物化学特論
  • 分子生物学(分担)
  • 天然物有機化学実験

 

※授業内容の調べ方はこちら


現在進行中の研究テーマ

植物二次代謝産物のメタボリックエンジニアリング
 
  • 植物香気成分のゲノム工学
  • 植物脂質代謝系の生理・生化学
  • 植物を取り巻く化学生態学

主要な研究業績

  1. Ono, E., Handa, T., Koeduka, T., Toyonaga, H., Tawfik, M.M., Shiraishi, A., Murata, J., Matsui, K*. (2016) CYP74B24 is the 13-hydroperoxide lyase involved in biosynthesis of green leaf volatiles in tea (Camellia sinensis). Plant Physiol. Biochem., 98, 112-118.
  2. Muramoto, S., Matsubara, Y., Mwenda, C.M., Koeduka, T., Sakami, T., Tani, A., Matsui, K*. (2015) Glutathionylation and reduction of methacrolein in tomato plants account for its absorption from the vapor phase. Plant Physiol. 169, 1744-1754. doi:10.1104/pp.15.01045.
  3. Mwenda, C. M., Matsui, K*. (2015) The importance of lipoxygenase control in the production of green leaf volatiles by lipase-dependent and independent pathways. Plant Biotechnol., 31, 445-452.
  4. 松井健二* (2015) 「鼻」のない「草花」がかおりを感じる仕組み、現代化学、526、48-50.
  5. Kihara, H., Tanaka, M., Yamato, K.T., Horibata, A., Yamada, A., Kita, S., Ishizaki, K., Kajikawa, M., Fukuzawa, H., Kohchi, T., Akakabe, Y., Matsui, K*. (2014) Arachidonic acid-dependent carbon-eight volatile synthesis from wounded liverwort (Marchantia polymorpha). Phytochemistry, 107, 42-49.
  6. Sugimoto, K., Matsui, K*., Iijima, Y., Akakabe, Y., Muramoto, S., Ozawa, R., Uefune, M., Sasaki, R., Alamgir, K.M., Akitake, S., Nobuke, T., Galis, I., Aoki, K., Shibata, D., Takabayashi, J. (2014) Intake and transformation to a glycoside of (Z)-3-hexenol from infested neighbors reveals a mode of plant odor reception and defense. Proc. Natl. Acad. Sci. USA., 111, 7144-7149.

コンタクトインフォメーション

居室:424

オフィスアワー:随時


研究内容の紹介

 植物はいろんな香りを放ちます。私たちはそれを香料やスパイス、あるいはアロマテラピーなど、さまざまな形で利用しています。しかし、植物がなぜ香りを出すのか、については意外なほど分かっていません。私の研究室では植物が自分の周りの環境を香り物質を使って積極的に制御していることを明らかにし、そのメカニズムについて研究を進めています。