生物機能科学科

ozaki.jpg

小崎 紳一

教授
生物機能科学科
山口大学農学部

e-mail:ozakis の後に @yamaguchi-u.ac.jp

Fax: 083-933-5820

個人ページへ


担当授業科目

  • 生物有機化学
  • 生物有機化学実験
  • 生物機能科学総論II(分担)
  • 化学概論(分担)
  • 生物機能科学基礎実験(分担)
  • 化学I (共通教育)
  • 食と生命(共通教育)
  • 応用生命科学特論(大学院、分担)
  • 農学系特論(大学院、分担)

 

※授業内容はシラバスを検索してください


現在進行中の研究テーマ

生体反応化学 (生物有機化学/生物無機化学)

  • 金属タンパク質の機能—構造:病原性細菌におけるヘムの取り込み、代謝機構の解明

  • 生体触媒を用いた生理活性物質の合成:レスベラトロール、ケルセチンなど抗酸化物質の配糖体合成


主要な研究業績

  1. Uesugi, D.; Hamada, H.; Simoda, K.; Kubota, N.; Ozaki. S.; Nagatani, N. Synthesis, Oxygen Radical Absorbance Capacity, and Tyrosinase Inhibitory Activity of Glycosides of Resveratrol, Pterostilbene, and Pinostilbene. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 2017, 81, 226–230.

  2. Kanedani, M.; Sato, T.; Hino, T.; Nagano, S.; Ozaki, S., The Crystal Structure of Heme Acquisition System A from Yersinia pseudotuberculosis (HasAypt): Roles of the Axial Ligand Tyr75 and Two Distal Arginines in Heme Binding.  Journal of Inorganic Biochemistry 2015, 151, 26-33.
  3.  Ozaki, S.; Sato, T.; Sekine, Y.; Migita, C. T.; Uchida, T.; Ishimori, K., Spectroscopic Studies on HasA from Yersinia pseudotuberculosis. Journal of Inorganic Biochemistry 2014, 138, 31-38.
  4. Shirataki, C.; Shoji, O.; Terada, M.; Ozaki, S.; Sugimoto, H.; Shiro, Y.; Watanabe, Y., Inhibition of Heme Uptake in Pseudomonas aeruginosa by its Hemophore (HasA(p)) Bound to Synthetic Metal Complexes. Angewandte Chemie 2014, 53 (11), 2862-2866.
  5.  Iwakiri, T.; Mase, S.; Murakami, T.; Matsumoto, M.; Hamada, H.; Nakayama, T.; Ozaki, S., Glucosylation of Hydroxyflavones by Glucosyltransferases from Phytolacca americana. Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic 2013, 90, 61-65.
  6. Ozaki, S.;Imai, H.; Iwakiri, T.; Sato, T.; Shimoda, K.; Nakayama, T.; Hamada, H., Regioselective Glucosylation of trans-Resveratrol in Recombinant E. coli  Expressing Glucosyltransferase from P. americana. Biotechnology Letters  2012,34, 475-481.


コンタクトインフォメーション

居室:419

オフィスアワー:随時


研究内容の紹介

生体内では様々なタンパク質が巧みに働いて生命活動を維持しています。私達はこうしたタンパクが働く仕組みを理解することを目指して研究を進めています。細胞とは異なり、普通の顕微鏡を覗いてもナノメートルスケールのタンパク分子が働く姿を直接目で見ることは出来ませんが、様々な波長の電磁波(マイクロ波、赤外線、可視光線、紫外線、X線など)を照射した時におこる、共鳴、吸収、発光、回折などの現象を解析することで、タンパクの形や働く姿を間接的に見ることができます。このような物理化学的手法を生化学的な手法に組み合わせてタンパク分子が働く仕組みを解明し、その知見を広い意味で社会に役立てたいと考えています。
研究紹介PDFはこちら

研究紹介Youtube動画はこちら (04分20秒から始まります)