生物資源環境科学科

shigyo1304.jpg

執行 正義

教授
生物資源環境科学科
山口大学農学部

e-mail:shigyo の後に @yamaguchi-u.ac.jp
 

個人ページへNEW HPを新しくしました


担当授業科目

共通教育

  • 基礎セミナー(共通教育1年前期)
  • 生物学Ⅰ(共通教育1年後期)

農学部

  • 遺伝学とバイオテクノロジー(生物資源環境科学科2年前期)
  • 基礎園芸学(生物資源環境科学科3年前期)
  • 科学英語(生物資源環境科学科3年後期)
  • 特別演習(生物資源環境科学科4年通年)
  • 卒業論文(生物資源環境科学科4年通年)

大学院(農学研究科修士課程)

  • 園芸学特論Ⅱ
  • 生物資源環境科学特別実験
  • 生物資源環境科学特別演習

 

 


現在進行中の研究テーマ

  • ベトナム在来キュウリと日本品種の交雑によるF1植物の育成とその特性調査
  • 小輪系ユリ品種における球根貯蔵糖可給態化と休眠打破の関係について
  • 夏季栽培時における葉ネギ耐暑性品種の生育・化学内容成分特性について
  • 完全人工光型植物工場におけるリーフレタス栽培の効率化を目指す新規LED照射技術の研究開発
  • アブラナ科野菜根こぶ抵抗性品種の化学内容成分特性について
  • 倍加半数体技術の効果的な利用によるAllium  cepa連鎖地図の構築
  • 色と赤色のLED照射が葉菜類の生育に及ぼす影響について

主要な研究業績

  1. Discovery of a new source of resistance to Fusarium oxysporum, cause of Fusarium wilt in Allium fistulosum, located on chromosome 2 of A. cepa Aggregatum group
    Hoa Q. Vu, Magdi A. El-Sayed, Shin-Ichi Ito, Naoki Yamauchi, Masayoshi Shigyo
    Genome 55(10) 797-807 2012年11月
  2. Genotypic variation in sulfur assimilation and metabolism of onion (Allium cepa L.) III. Characterization of sulfite reductase
    Michael T. McManus, Srishti Joshi, Bruce Searle, Meeghan Pither-Joyce, Martin Shaw, Susanna Leung, Nick Albert, Masayoshi Shigyo, Jernej Jakse, Michael J. Havey, John McCallum
    Phytochemistry 83 34-42 2012年11月
  3. Chromosomal organization and sequence diversity of genes encoding lachrymatory factor synthase in Allium cepa L.
    Noriya Masamura, John McCallum, Ludmila Khrustaleva, Fernand Kenel, Meegham Pither-Joyce, Jinji Shono, Go Suzuki, Yasuhiko Mukai, Naoki Yamauchi, Masayoshi Shigyo
    G3: Genes, Genomes, Genetics 2(6) 643-651 2012年6月
  4. AlliumMap-A Comparative Genomics Resource for Cultivated Allium Vegetables
    John A McCallum, Samantha Baldwin, Masayoshi Shigyo, Yanbo Deng, Sjaak van Heusden, Meeghan Pither-Joyce and Fernand Kenel
    BMC Genomics 13 168 2012年5月
  5. Alien genes introgression and development of alien monosomic addition lines from a threatened species, Allium roylei Stearn, to Allium cepa L.
    Hoa Vu, Yasuyuki Yoshimatsu, Ludmila Khrustaleva, Naoki Yamauchi, Masayoshi Shigyo
    Theoretical and Applied Genetics 124(7) 1241-1257 2012年5月

コンタクトインフォメーション

居室:農学部南棟330号室

オフィスアワー:水曜日 正午~午後1時


研究内容の紹介

 野菜と花卉の栽培と育種に関する基礎的研究を行っています。特に、ネギ類の育種研究では、世界中の研究者とネットワークを構築してオミクス研究を行い、多くの研究業績を残すことができています。最近では、アブラナ科やウリ科の野菜についても、育種研究を開始して病害または病害虫に強い品種の育成にチャレンジしています。花卉については、観賞用ユリの球根増殖に関する基礎的な研究を山口県と共同で行っています。さらに、LEDを用いたリーフレタス栽培試験を民間企業と共同で行い、高速栽培法「Shigyo法」の開発に成功しました。この技術は、国内外の多くの植物工場で実用化が期待される画期的な植物栽培法です。以上のように、私の研究室のテーマは多岐に及んでおり、難解な印象を与えますが、どれも現代農業の現場で困っている問題を解決しようと試みているものです。日本の成長分野として期待されるアグリビジネスの成功事例を学生達とともに創り上げていきたいと思います。