農学研究科学生が学会賞(ポスター賞)を受賞しました

農学研究科の金子奈々恵さんが、石川県立大学で2013年3月27日(水)~29日(金)の3日間にわたり開催された農業気象国際シンポジウムISAM 2013でThe Excellent Poster Awardを受賞しました。

Title:Effect of LED Illumination in Dark Periods on the Heading Time in Rice Varieties
Presenter:Nanae KANEKO
Coauthor:Haruhiko YAMAMOTO, Kiyoshi IWAYA, Yoko HARADA, Yoshimitsu SONOYAMA

このポスターは、暗期にLED照明を照射したイネの光害(ひかりがい)の発生について、様々な品種にて調査した結果を発表しており、今後、光害発生を回避可能な照明システムの設計に用いられます。「イネ光害」については、山口大学発ベンチャー「光害対策&植物工場プロジェクト」起業チームのホームページで詳細な内容をご覧頂けます。

山口大学発ベンチャー「光害対策&植物工場プロジェクト」起業チーム



発表の様子