農学部での研究成果をもとに大学発ベンチャーが立ち上がりました

このたび、山本晴彦教授(農学部)を中心とした研究チームの成果をもとに、山口大学農学部発ベ ンチャー企業「株式会社ファインベジプロジェクト」が、2014年10月20日に設立され ました。 山本晴彦教授の研究室での研究成果を用いた、山口大学農学部発ベンチャー企業は、株式会社アグリライト研究所(2011年12月19日設立)に続き、2社目となります。

これは、農林水産省が実施する「平成25年度 緑と水の環境技術革命プロジェクト 事業(事業化可能性調査)」に採択された研究開発課題「規格外有機JAS認定農産 物を用いて安全性を認証したドライペットフードの開発に関する事業化可能性調査」 (実施責任者:農学部教授 山本 晴彦、副実施責任者:共同獣医学部教授 水野 拓 也)において、安全性が認証された農産物を原料として本事業により開発された乾燥 などの「開発加工技術」と、ペットフードの嗜好性といった市場調査結果「需要」が 得られたことから、開発技術の社会利用に向けて設立したものです。

株式会社ファインベジプロジェクトでは、農の流通や学術の専門家が、安心安全な食 材を用いて、 楽しみが生まれるストーリーが展開される仕掛けづくりを行うとし、第1弾として は、有機JAS認定農産物野菜を利用した、ドライペットフード展開を展開していき ます。 山口大学農学部での研究成果や開発技術は、このような形でも社会利用に向けられ ます。

 

株式会社ファインベジプロジェクト  URL http://www.finevege-project.co.jp/