平成27年度サイエンス・リーダーズ・キャンプを開催しました

平成27年8月17日(月)~20日(木)に3泊4日の日程で、農学部・共同獣医学部本館を主会場に、平成27年度サイエンス・リーダーズ・キャンプ「ミクロな細胞からマクロな生態系に至る可視化技術と解析手法」(主催:科学技術振興機構 実施:山口大学農学部)を開催し、全国各地から推薦、応募のあった高等学校教諭および中学校教諭20名が参加しました。

 

同キャンプは、文部科学省の理数教育充実政策のひとつである「次世代人材育成事業」の一環であり、平成23年度より実施され、平成26年度からは3カ年の複数年度計画で実施されています。 本学部が提案したプログラムは平成25年度に引き続き、平成26年度にも採択(平成26年度採択5プログラム)され、今年度は3カ年計画のうち2年目として実施したものです。

 

プログラム期間中は、「環境・生態系」、「個体」、「細胞」とスケールの異なるものを対象とした実験実習を通した先端的な手法の理解に基づき、理系科目の教科を超えた関連性を理解し、今後の理系科目の教育においてリーダーシップをとることができること、また、教科書の内容等について、理系全般の知識を多面的に動員して解説でき、生徒の学習意欲を向上させるためのスキルを修得する足がかりとなることを目的に、参加者を4グループに分け、講義だけではなく実験実習をとおして最新の技術、生物像を体験してもらいました。 最終日には、グループごとに、「理科授業に活かす方法」と題し、発表及びグループディスカッションを行いました。 グループ発表では、生徒に関心を持たせるために可視化が重要であるとの意見やそのために本学部が提供したコンテンツの利用方法が具体的に示されるなど、とても有意義なものとなりました。また、コメンテーターとして、担当講師に加え、やまぐち総合教育支援センターの上野和彦研究指導主事及び教育学部源田智子准教授にもご参加いただき、他分野教員との情報共有の必要性や生徒に結論に至る仮説を考えさせることの重要性などの貴重なコメントいただきました。  

 

合宿終了後には、授業等に活用してもらうため、本学部が保有している様々な画像・動画コンテンツを参加者に提供する予定です。さらには、メーリングリストなどを利用し、本学部を含め、参加者同士の交流を続けていくことが期待されます。 本学部では、今後も、中学校、高等学校で得た基礎知識が、どのように応用研究に役立つかなどの情報を提供するなど、理科教諭への支援と交流を発展させていきます。

 

1.jpg  2.jpg  

3.jpg  4.jpg

実験の様子

 

5.jpg

グループ発表

6.jpg

全員で記念撮影