第11回若手研究者セミナーYSSを開催

第11回若手研究者セミナーを開催

 

平成27年11月16日(月)から17日(火)の2日間、山口県セミナーパークで、第11回 Young Scientist Seminar (11th YSS) を開催しました。今回は、大学生及び大学院生を含む日本人50名と、計5カ国からの留学生含む外国人若手研究者44名の総勢94名の参加がありました。実行委員長の Akhmad Rivai(山口大学大学院博士課程学生)とDr. Vichai Leelavatcharamas(コンケン大学)の挨拶開会し,会期中の全体講演では、Dr. Constantinos Theodoropoulos(マンチェスター大学)の基調講演とドイツ,タイ,ベトナム,ラオスからの外国人研究者による5題の招待講演があり,若手研究者との間で活発な議論が行われました。グループ討議では若手研究者が6つのグループに分かれて英語で口頭発表と研究討議を行いました。参加した若手研究者は微生物学,応用微生物学,生物工学を中心に,あらゆる生物関連分野から集まっており、55題の発表がありました。討議ではうまく英語で伝えることができない場面も見受けられましたが,何とか伝えようとする姿勢,さらには他の若手研究者がサポートしながら積極的な討議が行われました。このグループ討議において各グループから選出された代表者6名は2日目の全体討議でも発表を行い,カセサート大学のAumpuchin PanyavutさんがBest Presentation Award を獲得し,本会をサポートするJSPS研究拠点事業のコーディネーターである山田守教授(山口大学)から賞状が手渡されました。このセミナーの特徴は,運営自体も学生が行っている点にあり,今年度は工学部の学生がこのセミナー運営を行いました。

 

2015_11_26_1.jpg

招待者による講演の様子

 

2015_11_26_2.jpg

Best Presentation Awardの表彰

 

2015_11_26_3.jpg

全参加者による集合写真