平成28年度サイエンス・リーダーズ・キャンプを開催しました

平成28年8月17日(水)~20日(土)に3泊4日の日程で、農学部・共同獣医学部本館を主会場に、平成28年度サイエンス・リーダーズ・キャンプ「ミクロな細胞からマクロな生態系に至る可視化技術と解析手法」(主催:科学技術振興機構 実施:山口大学農学部)を開催し、全国各地から推薦、応募のあった高等学校教諭および中学校教諭20名が参加しました。

 

 同キャンプは、文部科学省の理数教育充実政策のひとつである「次世代人材育成事業」の一環であり、平成23年度より実施され、平成26年度からは3カ年の複数年度計画で実施されています。本学部が提案したプログラムは平成25年度に引き続き、平成26年度にも採択(平成26年度採択5プログラム)され、今年度は3カ年計画の最終年度として実施したものです。

 

 プログラム期間中は、スケールの異なる視点で「自然」を可視化する技術および解析する手法を体験してもらい、特に生物試料の解析を通じて、理科4教科にまたがる知識を動員し、相互の関連性について認識してもらい、食料生産科学・生命科学・環境科学を網羅する農学に関連付け、応用を意識し取り組むことを目的にしました。参加者を4グループに分け、講義だけではなく実験実習をとおして最新の技術、生物像を体験してもらいました。さらに今年度は、平成26年度受講者である鳥取県立鳥取西高等学校の佐々木努先生を講師に招き、サイエンス・リーダーズ・キャンプ受講を機に考案された「可視化」をキーワードとした「iPadを用いた比色定量実験」の授業実践例をご紹介いただき、今年度受講者にも実験を体験してもらいました。

 

 最終日には、「理科授業に活かす方法」と題し、グループ発表が行われ、生徒に関心を持たせるために可視化や体験が重要であるとの意見が述べられ、さらに本学部が提供したコンテンツの利用方法が具体的に示されるなど、とても有意義な発表会となりました。また、本事業にご協力いただいた、やまぐち総合教育支援センターの佐藤和生研究指導主事から、今回合宿で学んだことを、生徒だけではなく、他教員、更には地域へも還元してほしいなどの貴重なコメントをいただきました。

 

 合宿終了後には、授業等に活用してもらうため、本学部が保有している様々な画像・動画コンテンツを参加者に提供する予定です。さらには、メーリングリストなどを利用し、本学部を含め、参加者同士の交流を続けてゆくことが期待されます。本学部では、今後も、中学校、高等学校で得た基礎知識が、どのように応用研究に役立つかなどの情報を提供するなど、理科教諭への支援と交流を発展させてゆきます。

 

1.jpg 2.jpg

3.jpg 4.jpg

5.jpg

実験の様子

 

6.jpg

グループ発表

 

7l.jpg

最後に記念撮影