教員が企業と共同開発した「山口水餃子」が学生食堂の新メニューに

農学部の赤壁善彦教授と企業が共同開発した「山口水餃子」が、吉田キャンパス第二学生食堂「きらら」の新メニューとして採用されることになり、12月7日(水)、お披露目を兼ねた試食会が同食堂において開催され、農学部の学生や本学職員など34名が参加しました。

 

詳細はこちらから