早生のデュラム小麦の育成に成功

丹野研一助教が早生のデュラム小麦の育成に成功しました。パスタ用として広く流通しているデュラム小麦は、晩生で、日本で栽培すると収穫が梅雨に重なるため、国産の品種はほとんどありません。丹野助教の研究室では、古代小麦の栽培試験をする中で、6月初旬に収穫できる早熟の系統を見出し、これを北米の優良品種と掛け合わせることでデュラム小麦の早生品種の開発に成功しました。

tanno20170602.JPG