作物学会中国支部講演会を開催しました

日本作物学会中国支部講演会山口大会(実行委員長 高橋肇教授)を開催しました。山口大会では、日ごろの研究成果をより多くの人にも見てもらう取り組みを企画しました。7月27日には、附属農場において「西日本地域における最新の作物研究とその成果技術発表会」と題して、マルチコプターによる水稲のリモートセンシング生育診断技術の実演(山口県農林総合技術センター)、排水性を高めるチゼルプラウ耕(同左)、βグルカン含有率が高い裸麦もち品種「キラリモチ」とうるち品種「トヨノカゼ」との食べ比べ(山口大学)、島根県のソバ品種「出雲の舞」のソバ打ち実演、およびポスターセッションを開催しました。
研究室に配属されたばかりの生物資源環境科学科3年生も作物学研究のアウトプットに触れることができました。

 

soba.jpg

doron.jpg