創成科学研究科(農学系)大学院生が優秀発表賞を受賞しました

創成科学研究科(農学系) 博士前期課程2年の吉川祐希さんが、2018年9月24日~26日に開催された第91回日本生化学会大会において若手優秀発表賞を受賞しました。

https://www.aeplan.co.jp/jbs2018/pdf/young.pdf

この賞は、日本生化学会大会で口頭発表された研究の中から特に優秀な発表に与えられる賞であり、若手研究者や大学院生を対象としています。

吉川さんは、細胞内の主要なエネルギー貯蔵物質であるグリコーゲンのオートファジーによる分解に関与するタンパク質であるSTBD1が、アポトーシス刺激に伴いカスパーゼにより特異的にタンパク質切断されることを見出し、グリコーゲンの分解にオートファジーとアポトーシスが関与する可能性をはじめて明らかにし、その詳細について発表しました。

 

題目:N-ミリストイル化されたグリコーゲンオートファジー関連タンパク質STBD1に生ずる特異的タンパク質切断

発表者:吉川祐希

共著者:谷川綾音, 大塚葵, 細川拓郎, 黄波戸亜哉, 守屋康子, 内海俊彦

 

yoshikawa.jpg