山本晴彦教授が日本農業工学会フェローの称号を授与

5月14日(火)、東京大学中島董一郎記念ホールで開催された日本農業工学会の授賞式において、本学大学院創成科学研究科の山本晴彦教授が日本農業工学会フェローの称号を授与されました。日本農業工学会は農業生産に関する基盤、作業、機械化、環境改善等の工学技術を研究する10の学術団体(農業食料工学会、日本農業気象学会、日本農作業学会、農業農村工学会、農業施設学会、農村計画学会、生態工学会、農業情報学会、日本生物環境工学会、農業電化協会)からなる連合組織で、フェローの称号は学問の発展に顕著な功績を継続して果たした研究者を表彰するものです。山本教授は、これまで「光応用による植物の診断と制御に関する研究とその普及」で2014年に日本農業気象学会賞を受賞し、その後も農作物の光害(ひかりがい)を回避する光制御に関する研究や街路灯の商品化を進めてきました。今回は、これらの研究とその後の進展が評価され、フェローの称号を授与されました。