執行教授の研究が「国際共同研究パイロット事業」に選定

農林水産省の令和2年度戦略的国際共同研究推進委託事業のうちの国際共同研究パイロット事業(ロシアとの共同公募に基づく共同研究分野)に、大学院創成科学研究科(農学系)の執行正義教授の研究課題が採択されました。この事業は、全ロシア農業バイオテクノロジー研究所との共同研究(研究期間2020年度~2022 年度)になります。

 

【課題名】

「ネギ属種におけるオミクスおよび分子細部遺伝学手法を用いたロシアと日本の遺伝資源開発」

 

詳しくはこちらをご覧ください。