山口大学農学部附属 中高温微生物センターシンポジウム

「病原微生物研究の最前線
‐ 寄生虫、原虫、細菌、マイコプラズマ、ウイルスまで ‐


日時:2012年3月2日(金) 13:00~18:15

参加費:無料

場所:山口大学共通教育棟1番教室 
山口市吉田1677-1

ポスター

プログラム

原虫・寄生虫研究の最前線 13:15 - 14:45
「アジアでのマラリア原虫の遺伝疫学とマラリア制圧を目指したワクチン開発」
狩野 繁之 国立国際医療研究センター研究所熱帯医学・マラリア研究部 部長
「食中毒の新規原因としての粘液胞子虫」
佐藤 宏 山口大学農学部 教授
細菌・マイコプラズマ研究の最前線 14:55 ‐ 16:25
「ボルデテラ属細菌の感染特異性決定機構解析へのアプローチ」
堀口 安彦 大阪大学微生物病研究所分子細菌学分野 教授
「マイコプラズマの炎症誘導因子の解析」
清水 隆 山口大学農学部 准教授
ウイルス研究の最前線 16:35 ‐ 18:05
「ヒトにおける"口蹄疫!?"―手足口病研究の最前線」
西村 順裕 国立感染症研究所ウイルス第二部
「新興感染症の予測に向けた取り組み」
前田 健 山口大学農学部 教授

懇親会

第二学生食堂「きらら」       18:20‐